トップページ > サイト新着情報 :2012年

rssサイト新着情報

2012年

2012/11/07 タアン学生青年機構(TSYO)

シャン州北部での中国向けパイプライン建設による軍事化や人権侵害の実態

タアン学生青年機構(TSYO)が報告書を発表(2012/11/7)。中国向け石油・天然ガスパイプラインによりシャン州北部で軍事化、土地接収、人権侵害が起きていることを明らかに。

2012/11/04 在日チン女性機構(CWO-Japan)

チン州でのビルマ政府公認の性暴力~日本語版報告書発表

在日チン女性機構が報告書『アンセイフ・ステイト―女性には危険すぎる土地 チン州におけるビルマ政府公認の性暴力』を発表(2011/11/4)。2007年に出版された英語報告書の日本語訳。

2012/10/02 ビルマ・パートナーシップ

少数民族武装勢力との和平プロセスの現状

ビルマ(ミャンマー)政府と少数民族武装勢力との和平交渉の実態について「ビルマ・パートナーシップ」がブリーフィング・ペーパーを発表(2012/10/2)。「停戦合意」後も戦闘が続くなど、安定した和平に至らない原因を分析。

2012/09/13 アラカン・プロジェクト

アラカン(ラカイン)州で強制労働続く

アラカン・プロジェクトが報告書を発表(2012/9/13)。アラカン(ラカイン)州北部で国軍や国境警備隊がロヒンギャ住民に強制労働をさせ続けていることを明らかに。

2012/09/11 カレン民族諸団体

難民の自主的で安全な帰還のために

ビルマ政府などが進めるカレン民族難民の帰還計画について、カレン民族諸団体がポジション・ペーパーを発表(2012年9月11日)。タイ・ビルマ国境にあるキャンプに暮らす難民がビルマに帰還する際に満たされるべき諸条件を列挙。

2012/09/07 チン人権機構(CHRO)

チン民族のキリスト教徒に対する迫害が続く

チン人権機構(CHRO)が報告書「Threats to Our Existence’: Persecution of Ethnic Chin Christians in Burma(存在に対する脅威~ビルマのチン民族のキリスト教徒に対する迫害)」を発表(2012年9月5日)。
ビルマ西部に暮らすチン民族のキリスト教徒が国の政策により信教の自由を否定されたり、仏教への改宗を迫られたりしている状況を記録。強制労働や拷問などの人権侵害により数千人が故郷から逃げだしている、とも。

2012/08/27 人権のための医師団(PHR)

人権のための医師団: カレン州で国軍による人権侵害が続く

人権のための医師団(PHR)がカレン州での人権侵害状況について報告書「Bitter Wounds and Lost Dreams: Human Rights Under Assault in Karen State, Burma」を発表(2012年8月27日)。同州では、ビルマ国軍によるカレン民族住民に対する人権侵害が続いており、特に鉱山やパイプライン、水力発電ダムなど政府が進める経済的利権の近くの住民の方が、そうでない住民に比べて人権侵害(強制労働、強制移転、移動の制限)を受ける確率が高かったとのこと。

2012/05/31 人権記録ネットワーク(ND-Burma)

2010年総選挙後も拷問や虐待など基本的人権の侵害が続く

人権記録ネットワーク(ND-Burma)が報告書「Extreme Measures: Torture and Ill Treatment in Burma since the 2010 Elections」を発表(2012年5月31日)。人権記録ネットワークの加盟団体が2011年に記録した371件の人権侵害事例を収録。うち83件が拷問や虐待の事例だった。

2012/04/17 紛争リスクネットワーク(CRN)

紛争リスクネットワーク(CRN):ビルマへの投資、まだ高いリスク

ビルマ(ミャンマー)への投資に依然として高いリスクがあることについて、紛争リスクネットワーク(CRN)が報告書「Not Open for Business」を発表(2012年4月17日)。紛争や大規模な残虐行為につながる恐れのある産業や企業活動に焦点を当てる。

2012/02/21 トランスナショナル・インスティテュート(TNI)

ビルマ北部での中国によるケシ代替作物栽培事業

トランスナショナル・インスティテュート(TNI)が報告書「China’s Opium Substitution Programme in Northern Burma(ビルマ北部での中国によるケシ代替作物栽培事業)」を発表(2012年2月21日)。2006年以来、シャン州とカチン州でのケシ栽培が増加している。ビルマ北部では中国がケシ代替作物栽培事業を進めているが、それが地元にどのような影響を与えているか。