トップページ > サイト新着情報 :2011年

rssサイト新着情報

2011年

2011/12/31 ビルマ情報ネットワーク

近刊情報「ビルマの独裁者 タンシュエ 知られざる軍事政権の全貌」

1992年4月から2011年3月までの18年間、名実ともに最高権力者としてビルマ(ミャンマー)に君臨したタンシュエ上級大将の評伝、「ビルマの独裁者 タンシュエ 知られざる軍事政権の全貌」(ベネディクト・ロジャーズ著/秋元由紀訳/根本敬解説)が、白水社から出版されました。

2011/12/05 ビルマ情報ネットワーク

プロフィールを追加

ビルマ情報ネットワークを運営する箱田徹と秋元由紀のプロフィールを掲載しました。

2011/09/28 ビルマ情報ネットワーク

インタビュー 「声なき人たちの声になりたい」ベネディクト・ロジャーズ氏

2011年9月、国際会議に出るため来日したイギリスの人権活動家ベネディクト・ロジャーズさんに、ビルマ情報ネットワークのインターンが話を聞きました。

2011/09/14 ビルマ情報ネットワーク

アウンサンスーチー氏「日本からの政府開発援助(ODA)に求めること」

ビルマ(ミャンマー)への日本からの政府開発援助(ODA)について、アウンサンスーチー氏への質問と回答の全文を掲載。

2011/08/19 ビルマ情報ネットワーク

アウンサンスーチー「イラワディ・アピール」 イラワディ川ダム開発に懸念を表明

民主化運動指導者アウンサンスーチー氏が発表した「イラワディ・アピール」の日本語訳を掲載しました。氏は、ビルマ北部カチン州を流れるイラワディ(エーヤワディ)川に建設または計画されている複数の水力発電ダムについて、深刻な社会・環境的悪影響が起きる可能性があると懸念を表明しています。

2011/08/18 ビルマ情報ネットワーク

KWAT:戦闘が続くカチン州で避難民が2万人に ビルマ政府は支援を阻止

在タイ・カチン女性協会(KWAT)がプレスリリースを発表、カチン州の紛争地域にいる避難民への組織的な援助をビルマ政府が阻止しているため、多数の避難民が苦しんでいると述べた。国際援助団体はカチン州の紛争地域での活動を認めるようビルマ政府に求めるべきだと、同協会は主張する。

2011/08/12 ビルマ情報ネットワーク

アウンサンスーチー氏、イラワディ川ダム開発に懸念を表明

民主化運動指導者アウンサンスーチー氏は11日、「イラワディ・アピール」と題する文書を発表。ビルマ北部カチン州を流れるイラワディ(エーヤワディ)川に建設または計画されている複数の水力発電ダムについて、深刻な社会・環境的悪影響が起きる可能性があると懸念を表明。

2011/07/22

「米政府、呼称は『ビルマ』のまま」(キャンベル国務次官補インタビュー)

キャンベル米国務次官補へのインタビュー(朝日新聞村山祐介記者によるもの)の内容が、2011年7月21日に米国務省ウェブサイトに掲載されました。ビルマ(ミャンマー)に関する部分を、ビルマ情報ネットワークが日本語訳しました。

2011/07/04 全ビルマ僧侶連盟(ABMA)ほか

ビルマ国内の民主化運動団体が声明 中国に水力ダム建設事業の停止を求める

「全ビルマ僧侶連盟」や「88世代学生グループ」などビルマ国内の9団体が2011年7月4日に共同声明を発表。中国政府に対しビルマ国内で進めている水力ダム建設事業から全面撤退するよう求めました。

2011/06/22 ビルマ情報ネットワーク経由在タイ・カチン女性協会(KWAT)

カチン州での戦闘~カチン女性団体「18日までに少なくとも18人のカチン民族女性・少女が国軍兵士に強かんされ4人が死亡」

在タイ・カチン女性協会(KWAT)によれば、カチン州で戦闘が始まった直後の2011年6月10日から18日までに、ビルマ軍兵士によって少なくとも18人のカチン民族女性や少女が強かんされたとのこと。