トップページ > サイト新着情報 :2010年

rssサイト新着情報

2010年

2010/02/14 ビルマ情報ネットワーク

釈放されたNLDティンウー副議長の写真

2月13日に自宅軟禁措置が期限切れとなり同日釈放された国民民主連盟のティンウー副議長の自宅で撮影された写真です。

2010/02/08 政治囚支援協会(AAPP)

政治囚支援協会(AAPP)2009年年次報告書

政治囚支援協会(AAPP)は1月29日に、ビルマ(ミャンマー)の政治囚についての年次報告書(2009年)を発表しました。この中から、主なポイントをご紹介します。

2010/02/02 カレン女性機構(KWO)

タイ政府に対する緊急要請 カレン難民を地雷埋設地域に強制送還するな

カレン女性機構(KWO)は2日、タイ政府に対し、タイに住むカレン民族難民をビルマの危険な地雷埋設地域に強制送還しないよう求める緊急要請書を出しました。タイ国軍は2月5日から難民3000人の送還を始め、15日までに全員を帰国させることをめざし、すでに準備を始めているとのことです。

2010/02/02 合同会社 東風

『ビルマVJ 消された革命』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門の候補作品に

映画「ビルマVJ 消された革命」(原題“Burma VJ”)が、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門でノミネートされました。2007年9月に起きた反軍政デモの様子を命がけで撮影し、世界に発信した映像記者(VJ)たちを追った映画で、日本では5月から公開予定。

2010/01/26 パラウン女性機構(PWO)

「毒された丘~ビルマ軍事政権支配地域で急増するケシ栽培(仮題)」

この報告書は、2007年7月から2009年9月にかけて、シャン州ナムカーン郡とマントン郡でパラウン女性機構(PWO)が行ったケシ栽培状況調査の結果をまとめたものです。ビルマ軍政の支配下にある同地域で、ケシ栽培が増加しているのではないかと懸念したPWOが、地域住民から協力を得て現地調査を行いました。

2010/01/24 ビルマ情報ネットワーク

イベントレポート 公開セミナー「検証:ODAを問う~メコン開発から見た環境と人権への影響」

(特活)メコン・ウォッチと国際環境NGO FoE Japanが主催した公開セミナーで、ビルマ情報ネットワークの秋元由紀が、「ビルマ(ミャンマー)~日本の援助が軍政ではなく国民を支えるためには」というテーマで講演しました。

2010/01/11 メコン・ウォッチ メールニュース

ビルマ軍政がイラワジ川のミッソンダム着工を祝う 社会・環境影響調査もないまま、周辺住民にも参加を強制

2009年12月、ビルマ(ミャンマー)のカチン州で、ビルマ軍政と中国とがイラワジ川本流に計画しているミッソンダムの着工を祝う式典が開かれ、建設による悪影響を受ける周辺住民も参加を強制されました。