トップページ > サイト新着情報 :2008年

rssサイト新着情報

2008年

2008/07/29 ビルマ情報ネットワーク

ビルマ・サイクロン被災 国民の不幸は蜜の味? 軍政による見せかけの「復興」

ビルマ軍事政権にとって「国民の不幸は蜜の味」なのか。5月に襲来したサイクロン「ナルギス」の被災者支援を行わず、国民投票と自分たちの権力保持を優先した軍政の政策は、国内外で激しい怒りを生んだ。

2008/07/28 ビルマ情報ネットワーク

ハリウッド・スターとビルマの30日 

ハリウッドの人気俳優がビルマについての映像メッセージを発表するキャンペーンが終了。すべての映像に字幕をつけました。

2008/07/11 ビルマ情報ネットワーク

田辺 寿夫(シュエバ)「附柴正躬さんをしのんで」

2008年7月5日、附柴正躬(つけしば・まさみ)さんが亡くなった。

2008/07/04 オルタ

サイクロン後のビルマ―草の根支援活動を恐れる軍政 

ビルマ情報ネットワーク箱田徹が執筆。

2008/06/26 アムネスティ・インターナショナル

サイクロン被災者にさらなる危機~支援を政治の道具にしてはならない

サイクロン「ナルギス」が、エヤワディー(イラワジ)地方を、5月2日と3日に襲いました。

2008/06/19 熊澤新(アムネスティ・インターナショナル)

君の瞳に乾杯、ミスター・タンシュエ!

5月の週末、都内のライブハウスにブルースバンド「ROLLER COASTER(ローラーコースター)」のライブを見に行った。

2008/06/19 ASEAN国会議員によるミャンマー議連 (AIPMC)

AIPMC声明 アウンサンスーチー氏、63歳の誕生日を今年も一人で迎える

東南アジア諸国連合(ASEAN)国会議員によるミャンマー議連(AIPMC)は、本日63歳の誕生日を迎えるミャンマーの民主化指導者アウンサンスーチー氏に祝福を送りたい。

2008/06/16 ビルマ救援のための国際ネットワーク

ビルマ(ミャンマー)・サイクロン被災地支援

写真による報告

2008/06/02 毎日新聞・朝刊(文化欄「現在を読む」)

根本 敬(上智大学外国語学部教授) ビルマ新憲法:サイクロン被災無視の国民投票

四川省大地震のニュースに隠れてしまった感があるビルマ(注)のサイクロン災害だが、5月2日から3日にかけて同国沿岸を襲った「ナルギス」は、13万人を超える死者・行方不明者と260万人にのぼる被災者を出し、いまなお救援は遅々として進まない現状にある。 

2008/05/23 「イラワディ」誌(ビルマ情報ネットワーク翻訳)

民間の援助活動に対する制限が強化

サイクロン「ナルギス」により甚大な被害を受けたイラワジ・デルタ地域に住む被災者にとって、ラングーンから民間の団体などが届ける物資は生存に不可欠なものだ。しかし地元当局はこうした民間団体に対する活動制限をより厳しくしている。