トップページ > イベントレポート:2008年 > 伊藤穣一さんのビルマについてのメッセージ

イベントレポート 2008年

<<前へ

次へ>>

伊藤穣一さんのビルマについてのメッセージ
2008年1月1日 

WITNESSの理事、伊藤穣一さんが、ビルマについてのビデオメッセージを発表しました。

「日本人もビルマを救うムーブメント(運動)に参加してほしい」

WITNESSの理事、伊藤穣一さんが、ビルマについてのビデオメッセージを発表しました。WITNESSは1992年にピーター・ガブリエル(元ジェネシスのボーカル。脱退後はソロとして活動)とリーボック人権基金が設立したプロジェクトです。映像やネットなどを通じて世界に人権侵害の実情や人々の証言を伝え、状況の具体的な改善を促す活動のきっかけとなることを目的としています。ビルマの映像もこれまでにいくつか紹介されています。

 日本でも大きく報道された昨年の僧侶によるデモ行進。伊藤さんは、この盛り上がりををきっかけに「日本人もビルマを救うムーブメント(運動)に参加してほしい」と語っています。

動画

<<前へ

次へ>>