トップページ > イベントレポート:2009年 > アムネスティ議員連盟 ビルマ(ミャンマー)の人権状況を考えるラウンドテーブル 歌手のジェーン・バーキンさんがアウンサンスーチーさん釈放を日本の国会議員に訴える

イベントレポート 2009年

<<前へ

次へ>>

アムネスティ議員連盟 ビルマ(ミャンマー)の人権状況を考えるラウンドテーブル 歌手のジェーン・バーキンさんがアウンサンスーチーさん釈放を日本の国会議員に訴える
2009年9月15日 参議院議員会館第一会議室

新政権発足前夜の開催となった本会合には、翌日内閣入りした民主党の千葉景子氏(法相)や社民党党首の福島瑞穂氏(消費者・少子化担当相)のほか、江田五月参議院議長、自民党の中川秀直元幹事長ら多数の議員が出席しました。

ビルマ情報ネットワークの秋元由紀も講師として参加し、「ビルマ国民の側に立ち、国際社会と連携する日本へ」と題して、新しいビルマ政策について新政権への提言を行いました。

この後、来日中の歌手・女優ジェーン・バーキンさんが、「ビルマ(ミャンマー)の人権状況を考えるラウンドテーブル」(アムネスティ議連主催)に出席し、スピーチを行いました。天然ガス輸出による莫大な収入がビルマ国民に還元されていないことを指摘し、軍政には制裁が必要だと述べ、圧力をかけるよう日本政府に求めました。

<<前へ

次へ>>