トップページ > イベントレポート:2008年 >  いとうせいこう:ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング

イベントレポート 2008年

<<前へ

次へ>>

いとうせいこう:ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング
2008年4月19日 

いとうせいこうさんが2008年4月19日に、アースデイ東京の会場である代々木公園で「ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリー・リーディング(朗読会)」を行いました。

「無抵抗の僧侶を殴打するな!」「対話せよ!」

いとうせいこうさんが2008年4月19日に、アースデイ東京の会場である代々木公園で「ミャンマー軍事政権に抗議するポエトリー・リーディング(朗読会)」を行いました。

  朗読会とはいえ、背景にはダブルDJによるヒップホップも流れ、いとうせいこうさんの「無抵抗の僧侶を殴打するな!」「対話せよ!」という呼びかけに答えて数百人の観客が声を上げ体を揺らしました。
  いとうせいこうさんプロデュースの「Free Burma(ビルマに自由を)!」Tシャツを着てピースサインを見せるカップル、赤ちゃんを抱えながら飛び跳ね踊る女性。日本でこれだけの人数が同時に、ビルマの自由を願う思いを表現したのは初めてではないでしょうか。それほど求心力のあるパフォーマンスでした。
  途中でビルマ語のアピールを読み上げているのは、いとうさんプロデュースの「Free Burma(ビルマに自由を)!」Tシャツの寄付先である、ビルマの独立系放送局DVB(ビルマ民主の声)日本特派員のティンアウンさんです。

 ステージから降りる直前、いとうせいこうさんはビルマ情報ネットワークのカメラにメッセージをくださいました。下の映像でご覧になれます。

このビデオについて】
企画・製作 ビルマ情報ネットワーク
撮影・編集 志葉玲
協力 ビルマ市民フォーラム

<<前へ

次へ>>