トップページ > イベントスケジュール:2010年 > 『ビルマVJ 消された革命』トークショー~『「ビルマVJ」徹底解剖』

イベントスケジュール 2010年

<<前へ

次へ>>

『ビルマVJ 消された革命』トークショー~『「ビルマVJ」徹底解剖』
2010年6月5日 第七藝術劇場(大阪・十三) 14:40からの上映終了後

6月5日(土)『ビルマVJ 消された革命』公開初日、14:40の回上映後に、宇田有三さん(フォトジャーナリスト)と箱田徹(当ビルマ情報ネットワーク)によるトークショーを行います。
※当日14:40の回で当作品をご覧になった方が対象です。

日時:2010年6月5日 14:40からの上映終了後
場所:第七藝術劇場(大阪・十三)
   大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ6F
   TEL:06-6302-2073. FAX:06-6302-8820
   http://www.nanagei.com/
出演:宇田有三(フォトジャーナリスト)
   箱田徹(ビルマ情報ネットワーク、立命館大学ポストドクトラル・フェロー)
入場:14:40の回本作品ご鑑賞者対象

 6月5日(土)『ビルマVJ 消された革命』公開初日、14:40の回上映後に、宇
田有三さん(フォトジャーナリスト)と箱田徹(当ビルマ情報ネットワーク)に
よるトークショーを行います。

 ビルマ情報ネットワークは、2001年の設立以来、ビルマ(ミャンマー)に関す
る日本語情報の充実と、情報提供・調査・提言を行っています。映画『ビルマVJ』
の舞台である2007年の民主化蜂起の際には、ビルマ国内から発信された情報を、
日本国内に正確かつ迅速に伝える役目を果たしました。新刊『ビルマ仏教徒 民
主化蜂起の背景と弾圧の記録――軍事政権下の非暴力抵抗』 (守屋友江=編訳、
明石書店、2010)にも翻訳協力しています。

 宇田有三さんは過去18年に渡ってビルマを取材し、今年初めに『閉ざされた国
ビルマ―カレン民族闘争と民主化闘争の現場をあるく』(高文研)を出版されま
した。宇田さんは、ビルマ国境地帯とビルマ国内を共に長期的に取材した経験を
持つ、世界的にも数少ないフォト・ジャーナリストの一人です。

 箱田徹は1997年の大学在学中にタイ・ビルマ国境を訪れて以来、ビルマ問題に
継続的に取り組んできました。ビルマ情報ネットワークは設立当初から関わり、
秋元由紀と共にディレクターを務めています。また立命館大学グローバルCOE
「生存学」のポストドクトラル・フェローとして、社会思想史を研究しています。

 今回のトークショーでは、『ビルマVJ』の背景となるビルマの現状を紹介する
と共に、映画をご覧になった会場の皆さんも交えて、ジャーナリズムやアクティ
ヴィズムのあり方、それを支える論理や思想など、多方面から『ビルマVJ』を
解剖します。皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

<<前へ

次へ>>