トップページ > イベントスケジュール:2010年 > 逃げ続ける難民たちの声~タイ・ビルマ(ミャンマー)国境訪問報告会

イベントスケジュール 2010年

<<前へ

次へ>>

逃げ続ける難民たちの声~タイ・ビルマ(ミャンマー)国境訪問報告会
2010年3月31日 文京シビックセンター区民会議室

ビルマ(ミャンマー)に対する国際社会の関心は、軍事政権が今年2010年に予定している総選挙に集中している。しかしその一方で同国東部の紛争地域の状況は一向に改善していない。この地域では1996年以降国軍の攻撃により3,500以上の村が破壊され、2008年8月から2009年7月までの1年間だけでも7万5,000人が家を追われた。しかし外部の人間が、正規のルートで東部の紛争地帯を訪れ、実情を調査することはできない。そこで、今年2月、日英の若手専門家2人がタイ・ビルマ国境を訪れ、戦闘や焼き討ち、強制労働などを逃れてタイに来た人たちの聞き取り調査を行った。

「逃げなければならなかった。何度も何度も、です。[ビルマ軍]のためのポーター(荷物運搬)を何度もやりました。今までずっと逃げてきた。これが私の人生です。」

国境を越えたビルマ側は、戦闘が散発する危険な地域。地雷の破裂音をすぐ近くに聞きながら、夜中に懐中電灯もつけずに検問所を避けて走り、ようやく会えた難民たちの証言の数々。ビルマ東部での大規模な人権侵害は「人道に対する罪」にあたるのではないか?メディアでは伝わらないビルマ国内の真実の声を2人のビルマ専門家がみなさんに届けます。

<報告者>

ベネディクト(ベン)・ロジャーズ
(クリスチャン・ソリダリティ・ワールドワイド政策提言担当オフィサー、英国保守党
人権委員会副議長)

秋元 由紀
(米国弁護士、ビルマ情報ネットワーク)

■日 時:2010年3月31日(水) 午後6時30分~午後9時(6時15分開場)
■会 場:文京シビックセンター区民会議室 (文京シビックセンター内、4階 会議室A)
*アクセス:東京都文京区春日1-16-21(Tel:03-5803-1100)
http://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html

*最寄駅:
東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>4bまたは5番出口【徒歩3分】
都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)
>文京シビックセンター連絡通路【徒歩3分】
JR中央・総武線 水道橋駅>【徒歩10分】

■定 員:30名
■資料代:500円(参加申込 不要)
■主 催:ビルマ情報ネットワーク、ビルマ市民フォーラム
■問合せ:ビルマ市民フォーラム事務局 Tel:03-5312-4817


■報告者プロフィール

▼ベネディクト(ベン)・ロジャーズ

クリスチャン・ソリダリティ・ワールドワイド(CSW)
東アジアチームリーダー(ビルマ、北朝鮮、インドネシア担当)、英国保守党
人権委員会副議長 http://www.csw.org.uk/portal.htm

ビルマ(ミャンマー)の民族地域の状況に詳しい。現地への訪問回数は数十回におよび(最近では今年2月)、大量の難民・国内避難民が生まれる背景について調査・報告を行ってきた。英米の議会関係者や国連に豊富な人脈を持ち、英国議会議員や英国外務省、EU、国連人権理事会、米国議会議員などに現地調査を元にした最新情報の提供を行っている。


▼秋元 由紀

米国弁護士、ビルマ情報ネットワークのディレクター
http://www.burmainfo.org/

米ニューヨーク州の弁護士資格を取得後、海外での営業活動を通じて起きた人権侵害について企業の責任を問うユノカル(現シェブロン)訴訟などの原告弁護団に参加。現在はビルマに関する情報提供・調査・提言を行うビルマ情報ネットワークを運営。ビルマ問題に長年携わって培った経験や国際的な人脈を活かし、ビルマの民主化や人権状況の改善のための国境を越えた動きに日本の議員や市民が参加できるよう、日々活動している。

【参 考】

ウォールストリート・ジャーナル(寄稿) 2009年9月23日
ベネディクト・ロジャーズ(CSW)、秋元由紀(ビルマ情報ネットワーク)

「鳩山新政権誕生、日本のビルマ政策は見直しの好機」(日本語)
http://www.burmainfo.org/article/article.php?mode=1&articleid=495

原文(英語)
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204488304574427782507934914.html

<<前へ

次へ>>