トップページ > イベントスケジュール:2012年 > ディペーイン虐殺事件から9年抗議行動~ビルマ政府に更なる民主化を求めて

イベントスケジュール 2012年

<<前へ

次へ>>

ディペーイン虐殺事件から9年抗議行動~ビルマ政府に更なる民主化を求めて
2012年5月30日 在日ビルマ大使館前(東京・品川)、15:00~16:30

◇日 時: 2012年5月30日(水) 午後3時~4時半

◇場所: 在日ビルマ大使館前(JR品川駅徒歩10分、大崎駅徒歩8分)(住所:品川区北品川4-8-26 )

◇主催: 国民民主連盟(解放地域)日本支部 [NLD(LA)JB]  

◇内容: 2003年5月30日夜、ビルマ北部ザガイン管区の小さな町ディぺーイン附近の田舎道で、アウンサンスーチー氏を含む国民民主連盟(NLD)の地方遊説隊が、軍事政権の翼賛組織USDA(連邦団結発展協会)のメンバーを中心とする暴徒グループに襲われ、100人以上の死傷者を出す事件がありました。
     政府はこの暴行事件に対して何ら捜査もしないまま、多くのNLD党員や参加者を逮捕し、「身の安全を確保する」名目でアウンサンスーチー氏を身柄を拘束し、その後2010年11月13日までの約7年半におよぶ軟禁生活のきっかけとなりました。
     この事件が起きた30日を「ディペーイン日」と定め、NLD(LA)JBは毎月30日にデモ抗議を行っております。今月は事件から9年の記念の年となり、亡くなった勇士の追悼と、未だ囚われている数百人の政治囚の即時解放、少数民族地域への武力攻撃の停止、基本的人権の尊重、全国土での恒久平和の達成を求め軍事政権への抗議行動を行います。

◇参考: NLD(LA)JB ウェブサイト
      過去のデモの様子が写真とビデオで見られます。
      http://www7b.biglobe.ne.jp/~htunktt/index46.html      

<<前へ

次へ>>