トップページ >  ビルマの現状:国際関係・対日関係 >  投資・援助 >  【映像紹介】ビルマ(ミャンマー)での資源開発と紛争 

投資・援助

【映像紹介】ビルマ(ミャンマー)での資源開発と紛争 
2013年9月24日配信 ビルマ・パートナーシップ

2013年9月21日、ビルマ・パートナーシップがビルマ(ミャンマー)カチン州で続く武力紛争についての映像(約15分、英語)を公開しました。タイトルは『Guns, Briefcases and Inequality: The Neglected War in Kachin State(銃、ブリーフケース、そして不平等~放置されるカチン州での戦争)』です。

映像は主に、カチン民族の国内避難民(IDP)やカチン独立軍(KIA)のほか、さまざまな民族の市民社会団体の代表のインタビューで構成されています。カチン州などで続く武力紛争に、パイプライン建設など天然資源開発がどのように絡んでいるのか。「アジア最後のフロンティア」ともてはやされるビルマの、外から見えにくいところで何が起きているか。こうした問いへのヒントを与えてくれる映像です。

映像はビルマ・パートナーシップのウェブページ(下記リンク)でご覧になれます。