トップページ >  ビルマの現状:国際関係・対日関係 >  投資・援助 >  ビルマ北部での中国によるケシ代替作物栽培事業

投資・援助

ビルマ北部での中国によるケシ代替作物栽培事業
2012年2月21日配信 トランスナショナル・インスティテュート(TNI)

トランスナショナル・インスティテュート(TNI)が報告書「China’s Opium Substitution Programme in Northern Burma(ビルマ北部での中国によるケシ代替作物栽培事業)」を発表(2012年2月21日)。2006年以来、シャン州とカチン州でのケシ栽培が増加している。ビルマ北部では中国がケシ代替作物栽培事業を進めているが、それが地元にどのような影響を与えているか。