トップページ >  ビルマの現状:国際関係・対日関係 >  投資・援助 >  日本とビルマについて(マコーネル上院議員の発言)

投資・援助

日本とビルマについて(マコーネル上院議員の発言)
2004年10月8日配信 米国議会議事録

日本とビルマについて(マコーネル上院議員の発言)
米国議会議事録
米国議会上院本会議
2004年10月8日

ミッチ・マコーネル上院議員(ケンタッキー州選出、共和党)の発言

  「議長、2003年10月以降、日本政府がビルマに対し少なくとも28の案件について、合計1800万ドル以上もの援助を行っているという情報が入っております。これらの中には正当性を持たぬまま抑圧政治を行っている国家平和発展評議会(SPDC)に直接与えられた援助案件もあるようです。

  「上院議員の多くが疑問に思うであろうこととは、すなわち、ビルマの民主化指導者アウンサンスーチー氏その他の国民民主連盟(NLD)党員が拘束されたままでいるにもかかわらず、なぜ日本はビルマおよび同国で政権を握る悪漢たちに援助をしているのか、ということです。

  「私に答えがわかればよいのですが。

  「ビルマおよびSPDCに対して援助を行うことは、まったく誤ったメッセージをまちがったタイミングで送ることになります。軍政への援助はビルマ国民の苦しみを長引かせ、正当性のなく、拷問、殺人、強かんを行いながら罰を受けずにすむタンシュエ率いる軍政にてこ入れするものです。

  「日本は他国と同調し、ビルマで正当に選ばれた真の政権たるNLDとの意義ある和解を始めるようSPDCに圧力をかけるべきです。

  「ビルマで自由が実現されるには、日本が手助けをする必要があります。」

(訳:秋元由紀)

出典: Mitch McConnell, "Japan and Burma", Congressional Record, Senate, article 15 of 79, October 8, 2004, Page: S10819, US Library of Congress, at: http://thomas.loc.gov/.