トップページ >  ビルマの現状:政治 >  社会 >  アウンサンスーチー氏の解放を歓迎

社会

アウンサンスーチー氏の解放を歓迎
2002年5月6日配信 ビルマ連邦国民連合政府

アウンサンスーチー氏の解放を歓迎
ビルマ連邦国民連合政府(ビルマ亡命政権=NCGUB)
2002年5月6日

 ビルマ連邦国民連合政府(NCGUB)は5月6日にアウンサンスーチー氏に対する制限が解除されたことを歓迎する。国家平和開発評議会(SPDC 軍事政権)は、国民民主連盟(NLD)の事務局長(アウンサンスーチー氏のこと)は「彼女が所属する党に関する全ての活動を自由に行うことができ」、制限なく「移動できる」と発表した。

 5月6日、NLD本部で行われた記者会見で、アウンサンスーチー氏は「私たちの政策に変更はない」し、状況がどの方向に向かうのかに関して判断するには「まだ時期が早すぎる」と説明した。

 NCGUBは、SPDCの公式発表で「新たなページをめくる」と説明されたように、この展開は正しい方向に向かっているものの、十分な進展ではないと考えている。国の政治、社会・経済、民族などの問題は急速に悪化しており、国民全ての努力を通じてこの解決が必要である。

 SPDCにとって良い出発になるのは全ての政治犯を直ちに無条件釈放し、政治的な変化を目指した国民的和解のプロセスを始めることであろう。これがなければ、ビルマは SPDCの公式発表にあるような「国民の統一」を祝うことはできない。

 「ビルマが置かれている状況は、愛想をふるまう時間がないほど深刻なのだ。母国を再建するために、SPDCが過去の記録を正し、NLDと各民族と協力する機会は今である。そうなって初めて、ビルマ軍は国民に尊敬される軍となる」とセイン・ウィン(亡命政府の)首相は述べた。

 NCGUBは国連、ラザリ特使、それに国際社会がビルマに政治的な変化をもたらすためにはらった努力を評価する。私たちは、国際社会に対して、ビルマの状況を綿密にモニターし、2000年10月にSPDCとアウンサンスーチー氏の話し合いをもたらした圧力(restrictions)を機が熟さないうちに緩和しないよう呼びかける。

(翻訳 メコン・ウォッチ)

出典: NCGUB Press Release, May 6, 2002