トップページ >  ビルマの現状:政治 >  社会 >  アウンサンスーチー アジア社会フォーラムへのメッセージ

社会

アウンサンスーチー アジア社会フォーラムへのメッセージ
2003年1月7日配信 アジア社会フォーラム

アウンサンスーチー 
アジア社会フォーラムへのメッセージ
2003年1月7日
インド、ハイデラバード

 ご出席のみなさんにお話する機会を得てたいへんうれしく思います。先日はお話しできなくて申し訳ありません。私の電話が切られていたのだと思います。私が勘違いしているのかも知れないのですが(注:アウンサンスーチーは同フォーラム開催日の1月2日に、電話で直接スピーチを行おうとしたが、ビルマ軍政の妨害に遭ったため挨拶を7日に繰り延べた。'Suu Kyi not allowed to phone in message', The Hindu, 6 January, 2003.)。

 世界を変革してゆくことがどれだけ大切なことか、よく考えれば誰にでもわかります。みなさんは変革を信じていらっしゃる方々です。世界の変革は可能であると信じていらっしゃる方々です。私たちは新しい世界が出現することを信じているばかりではありません。その新しい世界を実現するために努力しています。そうした努力をしてこそ人は人として生きて行けるのです。

 私からとくに若いみなさんにお話したいことがあります。ごく最近私はビルマの各地を旅行し、若者たちを取り巻く状況の悪さにショックを受けました。この若者たちに新しい世界をもたらしてあげたいと思いました。そうした新しい環境のなかでビルマの若者たちが育ってほしいと考えています。そうしてこそ、若者たちが自由を味わい、安全を享受し、自分の能力・知識を発揮して成長し、仕事ができるのです。この会議に出席されている若いみなさまにもビルマの若者たちをできるかぎり支援してくださるようお願いいたします。

 それから謝っておきたいことがあります。この会議へのメッセージの草稿を家に置いてきてしまいました。ですから今みなさんにお話しているのは、原稿なしで、自由にしゃべらせてもらっています。

 いずれにせよ、こうしてお話できる機会を得てたいへんうれしく思います。この機会に私どもビルマ国民が直面している困難についても知っていただきたく存じます。

 みなさんは新自由主義に反対する立場から討論なさっているとききました。私どもビルマはまだその自由主義の段階にすら至っていないと思っています。私どもは自由な社会を実現するべく努力しています。ですから、ビルマにもっと自由な社会を実現するためにみなさまからもご支援をいただきたく思います。それから、新自由主義の危険な側面を学ぶ前に、自由主義とは何かを学ぶ必要があると私は考えています。

 この世界社会フォーラム(注:アジア社会フォーラムは、ブラジルのポルト・アレグレで過去2回開催された世界社会フォーラムを受けて開催された)のような場では、現在世界中に存在する問題を話しあうことができます。 みなさんの会議は社会について話し合うものときいています。社会の問題は政治の問題と切り離すことはできません。たとえば経済について何かをなそうとすると、それは政治とつながってきます。私どもは好むと好まざるとにかかわらず、政治的な立場を持っているのです。

 この社会のなかで生きている私たちは何らかの意味で「秩序」が存在しています。しかし、その「秩序」を必要以上に重要視すべきではないと私は考えています。みなさんもご存知のとおり、ビルマでは1988年に起こった民主化運動の初期の段階で軍が国家法秩序回復評議会(SLORC)を名乗って、国権を掌握しました。

 国民を弾圧するために法と秩序が悪用されるべきではありません。秩序ある社会の姿とはどういうものかをきちんと理解する必要があります。秩序ある社会とは、自分の権利を獲得する活動と、多くの人々の権利を保障してゆくことの両側面が調和のとれた形で存在する社会でなければなりません。それは市民が自らの義務だけでなく権利を自覚する社会であり、社会面、経済面での価値が、政治面での価値から不自然に切り離されていることがない社会です。

 このような会議に私どもビルマからも自由に参加し、討議ができるような状況が早く実現するよう望んでいます。

 最後に、会議の主催者である世界社会フォーラム-インドに対して、私に発言する機会を与えてくださったことにあらためて感謝いたします。用意していた内容どおりのお話ができず大変申し訳ありませんでした。しかし時には、友人のようにお互いに打ち解けて話をさせていただくのも良いことだと感じています。私どもの希望は、世界のすべての人々が友人のように、親しく話をし、つきえあえるような、そんな世界を実現することです。

 みなさん、ありがとうございました。(了)

出典:Aung San Suu Kyi, 'Message to the Asian Social Forum', Hyderabad, India, 7th January, 2003.