トップページ >  ビルマの現状:政治 >  社会 >  2010年総選挙後も拷問や虐待など基本的人権の侵害が続く

社会

2010年総選挙後も拷問や虐待など基本的人権の侵害が続く
2012年5月31日配信 人権記録ネットワーク(ND-Burma)

人権記録ネットワーク(ND-Burma)が報告書「Extreme Measures: Torture and Ill Treatment in Burma since the 2010 Elections」を発表(2012年5月31日)。人権記録ネットワークの加盟団体が2011年に記録した371件の人権侵害事例を収録。うち83件が拷問や虐待の事例だった。