トップページ >  ビルマの現状:政治 >  民族・難民 >  ビルマ国内の民主化運動団体が声明 中国に水力ダム建設事業の停止を求める

民族・難民

ビルマ国内の民主化運動団体が声明 中国に水力ダム建設事業の停止を求める
2011年7月4日配信 全ビルマ僧侶連盟(ABMA)ほか

 ビルマ国内で活動する「全ビルマ僧侶連盟」や「88世代学生グループ」など9団体が2011年7月4日に共同声明を発表。「テインセイン政権はカチン州で中国と共同でダム建設を進めるためにカチン民族住民に対し武力攻撃を行っている」とし、中国政府に対しビルマ国内で進めている水力ダム建設事業から全面撤退するよう求めました。