トップページ >  ビルマの現状:政治 >  社会 >  僧侶による軍政への覆鉢(ボイコット)が始まる。当局は催涙ガスを使用

社会

僧侶による軍政への覆鉢(ボイコット)が始まる。当局は催涙ガスを使用
2007年9月18日配信 イラワディ誌

僧侶による軍政への覆鉢(ボイコット)が始まる。当局は催涙ガスを使用
イラワディ
2007年9月18日

 旧首都ラングーン(ヤンゴン)などビルマ(ミャンマー)各地では18日、仏教僧侶が、かねてからの警告通り、軍事政権のメンバーとその家族からのお布施を受け取らない行動を開始した。アラカン州(ヤカイン州)州都シットウェーで行われた僧侶と市民のデモは、当局が催涙ガスを用いて強制解散させた。

 ラングーン中心部とバゴー(ペグー)では数百人の僧侶が2~3列縦隊で静かに市内を歩いた。マグエー管区ではパコックなどで同じ動きがあった。僧侶は慈経と護呪(パーリ語の代表的なお経)を唱えながら、地元の寺院に向けて行進した。

 目撃者によれば、シットウェーでのデモでは治安部隊が数百人の僧侶と市民に対して催涙ガスを使用し、デモを強制解散させた。僧侶によるデモには住民数百人が加わっており、ムスリム住民の姿もあったという。

 ロイターによれば、シットウェーでは当局が催涙ガスを用いた際に僧侶3?4人を拘束した。デモ参加者が暴行を受けたとの目撃情報も報じられた。

 18日の抗議行動は、僧侶によるものとしては1988年にビルマ全土で起きた民主化運動以来最大の規模である。当時は数千人の僧侶が運動に加わった。

 今回の覆鉢(鉢伏せ行)とは、僧侶の側から、信者である軍政の関係者や家族との関係を断ち切ることを意味しており、実施されるのは1990年以来である。推計40万人の僧侶の大部分が追随すると見られている。18日遅くには、この行が拡大しているとの報告があった。

 今回の動きは僧団(サンガ)と国との間の重大な対立であり、軍政当局にとって深刻なものだと受け止められている。ビルマ国民の大多数は、軍政指導部のほとんどもまた、仏教徒である。

 鉢伏せ行は早朝3時から、バゴー管区のジョビンガウ、マグエー管区のアウンランとパコック、その他ラングーン管区とマンダレー管区の複数の町で開始された。

 数千人が僧侶の行進を歓声で出迎えた。

 「こんなにたくさんの人が集まったのを見るのは生まれて始めてだ」と、デモを見たバゴー管区の住民はイラワディの取材に話し、10万人くらいの人がいたと思うと述べた。バゴーでのデモには僧侶約千人が参加している。

 またこの住民は「お坊さんが住民の幸福のために立ち上がるのを見て、うれしさと悲しさがないまぜになっている。お坊さんが暴力によって弾圧されないか大変心配している」と述べた。

 1990年10月に軍政からの寄進の受け取りを拒否した僧侶は、当局から厳しい弾圧を受けた。多くの僧院があるマンダレーでは、寺院130カ所以上が捜索を受け、僧侶は強制還俗させられ、長期の刑に処せられた。ビルマ全土では僧侶300人が強制還俗させられ、逮捕された。(訳注)

(訳注)軍政は弾圧直後に「サンガ(僧団)組織関連法」を成立させ、仏教界の統制を強化した。最近では2003年11月にラングーン管区の僧院で見習僧26人が逮捕される弾圧があった(政治囚支援協会:『僧侶が還俗させられ、投獄される国』の紹介と、報告書本体(未邦訳)を参照)。

 シットウェー以外では、デモ参加者に対する当局側の行動は伝えられていない。バゴー管区ジゴンでは、軍政のトップ3を名指しした「タンシュエ、マウンエイ、シュエマン 仏教の教えに背く者、地獄に堕ちろ」というプラカードが目撃されている。

 目撃証言によれば、行進に参加した僧侶は統制がとれており、支持者や見物人がデモに参加することを認めなかった。また、騒ぎを起こし、当局の弾圧を正当化するために偽僧侶が送り込まれているとの噂が広まっている。

 8月と9月前半に行われたデモでは、軍政は暴漢を動員し、参加者を暴力的に解散させている。

 観測筋によれば、これから覆鉢の動きが広まっていくことで、軍政側は高僧に対して監督下の僧侶を監視するよう説得に回ると見られる。軍政高官と閣僚はこのところ、異例の信仰心の厚さを見せ、功徳を積む行為を繰り返している。

 ミンジャンのコーサウン寺院の高僧は抗議行動について「これこそまさに我々僧侶がすべきことだ」と述べた。

 全国僧侶戦線のメンバーはインタビューで「これはダンマとアダンマ(正と不正)の戦いである」と述べた。【了】