トップページ >  ビルマの現状:ビルマ問題って? >  セレブの映像で見よう >  ハリウッド・スターとビルマの30日~37日目 光になろう

セレブの映像で見よう

ハリウッド・スターとビルマの30日~37日目 光になろう
2008年6月5日配信 ビルマ情報ネットワーク、米国ビルマキャンペーン

ハリウッドの人気俳優を始めとしたセレブや著名人が、ビルマ(ミャンマー)について映像メッセージを発信しました。映像には大変深刻なものから軽いタッチのもの、スキット風のものもあり、見ればビルマが抱える様々な問題がわかるように構成されています。ビルマ情報ネットワークは、これらの映像メッセージに日本語訳をつけて皆さんにお届けします。

37日目はハシディズム派ユダヤ人ミュージシャン、マティスヤフが新曲「 I Will Be Light(光になる)」を歌います。マティスヤフは2006年にビルボード誌でトップレゲエアーティストとして紹介されました。

光になろう
動画
Burma: It Can't Wait - MATISYAHU (NEW SONG)

(マティスヤフの歌 “I will be light”が流れる)

【マティスヤフが持つメッセージボード】

君と同じように、僕も幸せになりたい
君と同じように、僕も苦しみたくない
僕や君のような人たちがいる
今、ビルマに

【マティスヤフが持つメッセージボード】

今、ビルマには
権利も自由もなく
国民は軍の支配下に暮らす
僕たちの自由を使って協力し
彼らに代わって自由を求めよう
協力すれば今、ビルマに自由をもたらすことができる!