トップページ >  ビルマの現状:ビルマ問題って? >  セレブの映像で見よう >  ハリウッド・スターとビルマの30日~33日目 恐れからの自由

セレブの映像で見よう

ハリウッド・スターとビルマの30日~33日目 恐れからの自由
2008年6月1日配信 ビルマ情報ネットワーク、米国ビルマキャンペーン

ハリウッドの人気俳優を始めとしたセレブや著名人が、ビルマ(ミャンマー)について映像メッセージを発信しました。映像には大変深刻なものから軽いタッチのもの、スキット風のものもあり、見ればビルマが抱える様々な問題がわかるように構成されています。ビルマ情報ネットワークは、これらの映像メッセージに日本語訳をつけて皆さんにお届けします。

33日目はビルマの伝統芸能のひとつ、操り人形が登場です。操るのは軍政トップ・タンシュエ将軍。しかし人形は最後に・・・?

恐れからの自由
動画
Burma: It Can't Wait - Marionettes - Day 33

【幕が開き、操り人形が登場】

(字幕)
「人を堕落させるのは権力ではなく、恐れなのです。権力を失うことを恐れるからこそ、権力を振りかざす者は堕落するのであり、権力によって苦しめられることを恐れるからこそ、権力に支配される者は堕落するのです。」-アウンサンスーチー

【人形を操っているのは軍政トップ・タンシュエ将軍】

【人形を操る糸が一本、また一本と切れていき・・・】

(字幕)
あなたにとって、恐れからの解放とは?