トップページ >  ビルマの現状:ビルマ問題って? >  セレブの映像で見よう >  ハリウッド・スターとビルマの30日~15日目 そしてそこに住んでいた人たちは?

セレブの映像で見よう

ハリウッド・スターとビルマの30日~15日目 そしてそこに住んでいた人たちは?
2008年5月14日配信 ビルマ情報ネットワーク、米国ビルマキャンペーン

ハリウッドの人気俳優を始めとしたセレブや著名人が、ビルマ(ミャンマー)について映像メッセージを発信しました。映像には大変深刻なものから軽いタッチのもの、スキット風のものもあり、見ればビルマが抱える様々な問題がわかるように構成されています。ビルマ情報ネットワークは、これらの映像メッセージに日本語訳をつけて皆さんにお届けします。

15日目は父も兄弟も俳優という芸能一家で育ち、テレビや映画(「アメリカン・グラフィティ」、「マドンナのスーザンを探して」、「グレート・ブルー」など)で活躍しているロザンナ・アークウェットが登場です。映像では、ロザンナの周りのろうそくがどんどん消えていきます・・・。

そしてそこに住んでいた人たちは?
動画
Burma: It Can't Wait - Rosanna Arquette - Day 15

ふっ ふっ ふっ ふっ ……( ろうそくを吹き消す音 )

非合法のビルマ軍事独裁政権によって、3200もの村が破壊されました。

ふっ ふっ ふっ ふっ ……( ろうそくを吹き消す音 )

私たちには、それを止めることができます。

私たちには、命を救うことができるのです。