トップページ >  ビルマの現状:ビルマ問題って? >  セレブの映像で見よう >  ハリウッド・スターとビルマの30日~10日目 それでも描く、描ける

セレブの映像で見よう

ハリウッド・スターとビルマの30日~10日目 それでも描く、描ける
2008年5月9日配信 ビルマ情報ネットワーク、米国ビルマキャンペーン

ハリウッドの人気俳優を始めとしたセレブや著名人が、ビルマ(ミャンマー)について映像メッセージを発信しました。映像には大変深刻なものから軽いタッチのもの、スキット風のものもあり、見ればビルマが抱える様々な問題がわかるように構成されています。ビルマ情報ネットワークは、これらの映像メッセージに日本語訳をつけて皆さんにお届けします。

10日目はイランで政治囚だったアーティスト、ダヴド・ルースター氏が、あっと驚く方法でアウンサンスーチーさんの絵を描きます。

それでも描く、描ける
動画
Davood - Burma: It Can't Wait - Day 10

アーティスト、ダヴド・ルースターさんはイランで政治囚でした。ビルマのノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーさんがこの15年間どんな思いでいるかを、彼は知っています。