トップページ >  ビルマの現状:ビルマ問題って? >  セレブの映像で見よう >  ハリウッド・スターとビルマの30日~5日目 テキサスの非現実、ビルマの現実

セレブの映像で見よう

ハリウッド・スターとビルマの30日~5日目 テキサスの非現実、ビルマの現実
2008年5月4日配信 ビルマ情報ネットワーク、米国ビルマキャンペーン

ハリウッドの人気俳優を始めとしたセレブや著名人が、ビルマ(ミャンマー)について映像メッセージを発信しました。映像には大変深刻なものから軽いタッチのもの、スキット風のものもあり、見ればビルマが抱える様々な問題がわかるように構成されています。ビルマ情報ネットワークは、これらの映像メッセージに日本語訳をつけて皆さんにお届けします。

ぷぷっと笑えるスキットが3本続いた後、今回ははっとさせられる直球メッセージです。ビルマの国土は、ブッシュ大統領の出身地でもある米国・テキサス州とほぼ同じ面積ですが、面積以外はテキサスではありえないことだらけ。「バフィー~恋する十字架~」、「恋愛小説家」などに出演したジュリー・ベンツが紹介します。

テキサスの非現実、ビルマの現実
動画
Julie Benz - Burma as Texas - Burma: It Can't Wait

ビルマの国土はテキサス州と同じ大きさですが、ビルマには 5000万人が暮らしています。ビルマがテキサスではないのは言うまでもありませんが、ほんの少しのあいだ、ビルマとテキサスを置きかえて考えてみましょう。

 テキサスが軍事独裁政権に支配されているところを思い浮かべて下さい。政府から搾取されるのにうんざりしたテキサスの人たちが、非暴力の抵抗運動を組織し、変革を求めたとします。民主主義になってほしいと政府に訴えます。しかし政府は交渉の席に着かず、国民に暴力をふるい、数千人を殺し、3000以上の村々を破壊します。

 幸いなことに、テキサスではこのようなことは起こりませんでした。しかし残念ながら、ビルマではまさにこのようなことが起きているのです。民主化運動の指導者であり、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチー氏は拘束されたままです。家を追われた村人たちは、強制労働キャンプへ移るか、森へ逃げ込むかを選ばなければいけません。100 万人以上のビルマ人は、奴隷として生きることを拒み、難民として国外に逃れ、苦しい生活を送っています。

 さて、テキサス州にお住まいのみなさん、アメリカ人のみなさん、人間であるみなさん、あなただったらどうしますか? もしあなたの住む町でこのようなことが起きたらどうしますか? わたしたちは、この状況を終わらせることができます。互いに協力して、ビルマに自由をもたらすことができるのです。

日本語訳 渡部沙織 秋元由紀