トップページ >  ビルマの現状:ビルマ問題って? >  セレブの映像で見よう >  ハリウッド・スターとビルマの30日~29日目 カンペが必要?

セレブの映像で見よう

ハリウッド・スターとビルマの30日~29日目 カンペが必要?
2008年5月28日配信 ビルマ情報ネットワーク、米国ビルマキャンペーン

ハリウッドの人気俳優を始めとしたセレブや著名人が、ビルマ(ミャンマー)について映像メッセージを発信しました。映像には大変深刻なものから軽いタッチのもの、スキット風のものもあり、見ればビルマが抱える様々な問題がわかるように構成されています。ビルマ情報ネットワークは、これらの映像メッセージに日本語訳をつけて皆さんにお届けします。

29日目は、テレビや映画で活躍するエミー賞俳優、ハンク・アザリアがビルマのことを話し始めますが・・・隣で聞いていたウィリアム・ボールドウィン(アレック・ボールドウィンの弟)が助け舟を出します。

カンペが必要?
動画
Hank Azaria and Billy Baldwin Myanmar Cyclone M...

ハンク:こんにちは。私たちは俳優なので、「気にすること」も仕事のうちです。有名人でもあるので、世界で起きていることについて意見することも仕事です。
ウィリアム:その通り。

ハンク:私たちは今、ビルマに目を向けています。ビルマはとても小さな国で、ロードアイランド州(訳注:全米でもっとも小さい州)とおおよそ同じ面積です。
(ウィリアムがハンクに耳打ち)

ハンク:(ロードアイランド州ではなく)テキサス州とおおよそ同じ面積です。政権につくべき人はアウンサンスーチー氏といいます。この男性はこんにち-
(ウィリアムがハンクに耳打ち)

ハンク:この女性はとても勇敢で、ノーベル平和賞受賞者。現在は軍事政権に軟禁されています。ビルマの軍政は国民を暴力で脅かしながら、これまで400年間も政権を握ってきました。
ウィリアム:おっと、45年間だよ。

ハンク:・・・お前やってみろよ。
ウィリアム:いいよ。ビルマに関する基本的事項は次の通り。ビルマは世界のどの国よりも多くの子ども兵士を使っています。民族浄化の手段として今も地雷の埋設を続けている数少ない国のうちの一つです。(政府が)奴隷労働や強制労働の使用を認めています。政治的反対者は殺されたり投獄されたりします。軍政幹部の将軍やその家族が大金を稼ぐ一方で、国民は食べるものにも困っています。ビルマで起きていることは「人道に対する罪」です。毎日、人道に対する罪が犯されています。

ハンク:その通り。よく言った。
ウィリアム:ありがとう。ところでビルマは、10億ドル分以上の武器をある国から購入しています。その国とは中国です。中国は、残虐な軍事政権への処置を講じようとする国連安全保障理事会の動きをすべて阻んできました。お願いです。ビルマに目を向けてください。

ハンク:その最後のとこ、かっこつけてるみたいだった。ちょっとだけ。
ウィリアム:そんなことないよ。事実を伝えたまでさ。
ハンク:そうかな。ちょっとだけね。

ウィリアム:ありがとう。

日本語訳 秋元由紀 木村祥子